JTJ 岸義紘先生の講義と “ 透明な外国人たち ”

 

昨日ビデオで見た岸先生の講義がとても印象深く、少しシェアさせていただきたいと思います。

———————————————————————————————

黙示録9章;

 

20節:これらの災害によって殺されずに残った人々は、その手のわざを悔い改めないで、悪霊どもや

    金、銀、銅、石、木で造られた、見ることも聞くことも歩くこともできない偶像を拝み続け、

21節:その殺人や、魔術や、不品行や、盗みを悔い改めなかった。

 

ここで全滅は時間の問題だが、それでも罪人は愚かで悔い改めができない。私たちも同じ人間だった。

 

あわれみと恵みをいただいて、私たちに少しばかりの賢さを聖霊がくださって、

少しばかりの必要最小限の知恵と知識、十字架の意味、復活と救いの意味を受け止め、理解でき、

あわれみと恵みで私たちは罪を悔い改めてイエス様を信じる事ができた。

 

ここで警告されている今できていない人たちも、あわれみと恵みと聖霊の息吹をいただいていたら、

私たち以上に悔い改めて、より強い信仰に立つ事のできる人たちだ。

 

それを思うと、天地の基が据えられる前から私たちが選ばれて、神様のものと定められていた

奥義を書いたパウロの言葉などは、本当にその通りだ。

もし選ばれていなかったら、こんな事が私たちに起るはずがない。

あなたや僕などより、もっと早く救われてキリストの証人として力強く働けるはずの人など、

いっぱいいる。

 

誰が私たちをエリートだと言うのですか?ごく普通の平均的な人間が、永遠の昔に選ばれて

あわれみが与えられ、回心が、必ず実現しなければならないという。全ては恵みだなァ。

 

私は誰よりも救われる資格があるなどという事はなく、無きに等しい存在だ。

あわれみで先に救いに入れられているだけで、この警告は、他人事ではないのである。

——————————————————————————————-

 

もうひとつ。

 

在日ベトナム人の状況を描いたとても素晴らしいドキュメンタリーが2年前に放送されたのですが、

もう Pandora TVというサイトでしか見られなくなっています。

http://www.pandora.tv/view/dksll/54918642/#38713594_new

 

“ 透明な外国人たち 彼らに支えられた街TOKYO ” と言いますが、

このドラマの再放送、また、彼ら彼女らを後追いしたドキュメンタリーが見たいです。

そういう声が上がってきてほしい、と、心から思っています。

 

ここに描かれているベトナム人の技能実習生たちは、けなげで、努力家で、

それぞれ、家庭の事情や夢を抱えて日本に来ています。

人間である私が見てもいとおしいのですから、神である主がご覧になられたら

どれほどいとおしく思われるでしょう。

 

この製作者は本当にすべてを分かってドキュメンタリーを作っていると思います。

埋もれてほしくないドラマです。

 

彼ら彼女たちより、私たちは救われる資格があると言うのでしょうか?

 

ただ、あわれみと恵みのゆえに、私たちは先に救われただけではないのでしょうか?

 

岸先生の講義が、心に刺さります。