2018-07-04 基礎情報

日本にいるベトナム人の数

 

厚生労働省によると、2017年10月時点での外国人労働者数(留学生を含む)は、

中国からが37万人、ベトナムからが24万人、

フィリピンからが14万人で、ブラジルからが11万人です。

 

留学生数だけですと、2016年時点でベトナムと中国は7万5千人でほとんど並んでいます。

 

都市部ですとコンビ二、レストランなどの各種サービスや工場、

また、地方でも、工場、農業などの現場でベトナム人はよく働いているようです。

 

一方、日本のプロテスタント教会においては、ベトナム人の存在は知られていません。

現在、東京基督教大学の日本宣教リサーチが在日外国人教会の場所のリサーチをしていますが、

在日外国人労働者数で2位でも、“ベトナム人”のカテゴリーがありません。

 

http://www.tci.ac.jp/wp-content/uploads/2017/04/Diaspora_Protestant.pdf

 

ベトナムではカトリック信者の方がはるかに多く、10%くらいいるのですが、

そちらにもベトナム人のカテゴリーがありませんでした。

 

これは物事の見方の問題で、人口比でパーセントが低いのだから困難と見るのか、

実際の数を見て、これだけ莫大な数のベトナム人が日本の社会で孤立して、

日本人との愛ある関係を望んでいると見るのかです。

 

少子高齢化は随分前から言われています。今の日本の社会を維持するためには、

はるかに多くの外国人に来てもらわなければなりませんが、

お願いしなければならない諸外国の筆頭格が、ベトナムなのです。